""

店長ブログ

野島公園(横浜市金沢区)は、天然の潮干狩り場!4月もアサリ取れます!

横浜市金沢区の出張買取店、エコリバーの店長・長澤です。

先日、横浜市金沢区の「野島公園」にて、潮干狩りやってきました!ちなみに「野鳥公園」ではないですよ。「野島公園」です。「のじまこうえん」。僕は素で、「やちょうこうえん」と勘違いしてました(笑)

野島公園は、天然の潮干狩り場!地元の人もオススメスポット

実は横浜市金沢区には、有名な潮干狩り場がもう一つあります。それは「海の公園」。海の公園は、埋立地ということもあり、ここにいるアサリは「他から持ってきて、埋めたもの」らしいです。

が、ここ「野島公園」は、もともと現存する島ということもあり、バリバリ天然の潮干狩り場!当然アサリも、他から持ってきたものではなく、「現地生まれ」のアサリたちが取れます。

ちなみに、地元のお客様から聞いた情報なので、間違いないはず!「海の公園」よりもオススメの、穴場スポットということです(穴場といっても、結構人はいます)。

数は少なかったですけどね(笑)

でも、中にはカゴいっぱいに取っている人がいましたよ。ちょーっと出遅れてしまったかな〜って感じです。

4月の土曜日に行ったのですが、すでに結構人がいて、駐車場も満杯でした。

僕は能見台に住んでいるので、自転車で余裕で行ける範囲でしたが(自転車20分前後)。車で行く際は、駐車場はかなり大変とのことなので、その点だけ注意してください。

くまでを使って掘る!(レンタルはありません!)

潮干狩りの際は、もちろんスコップで掘るのもいいんですが、ベストはくまで。

セットで販売されているのもあるので、用意していきましょう。

ちなみに野島公園には、レンタルはありません。その点だけ注意!って感じですね。

行く前に…潮見表(潮位表)を必ず確認しよう!

ちなみに、潮干狩りに行く前に、必ず「潮見表」を確認しましょう。以下のサイトをみれば、一発で潮干狩りに最適な日が分かります。

【外部サイト】潮干狩りに最適な日を見る

上記サイトで、二重丸の日が、ベストな日です。干潮の時間帯の、1時間くらい前から掘り始めるのがいいらしいですよ。

逆に、何も印が入ってない日は…潮が満ちていて、潮干狩りには適さない日。そういう日に行ったこともあるんですが、ほぼ海(笑)腰まで浸かれば取れるかもしれませんが、まあまともに潮干狩りできない可能性が高いので、避けることをオススメします。

【必須】貝殻や、時々ガラスが落ちているので、特に子供は長靴がオススメです

1つ注意点として。天然の潮干狩り場ということもあり、キレイに整備されているわけではありません。潮干狩り場に行くためには、結構ゴツゴツとした岩場があったり、貝殻がズラっと落ちている場所を通ることとなります。

そのため、サンダルだと少し心もとない(素足は論外)。また、海からのゴミが押し寄せてきている影響か、ゴミや時折ガラスが混じっていることも。なので、長靴を履いて来ることをオススメしますよ。

潮見表(潮位表)を確認し、くまで・バケツ・長靴を履いて準備してから行こう!

ということで…潮見表(潮位表)を確認し、ベストな日にぜひ行ってみてください。

くまで・バケツ・長靴もお忘れなく!!

当店は、横浜市金沢区・能見台の出張買取店です

ちなみにウチは、「金沢区能見台」の出張買取店です。

こうして出張買取のみならず、地域の皆様にお役に立てるような情報も発信しております。

また、もし不用品の買取だったり、「これ、捨てづらいなあ…」「まだ使えるのに、もったいないなあ…」ということであれば、ぜひ一度、エコリバーの長澤までお問い合わせください。

「どんな物を買取できるのか?」についても、以下のページにて掲載しております。ぜひ一度目を通してみてくださいね。

""

金沢区・磯子区・港南区専門の出張買取です。

お問い合わせフォームは24時間365日受付中

気になる点の質問等ももちろんOK
お気軽にお問い合わせください。

エコリバー店長 長澤

エコリバー店長の長澤です。直近3年間で4000人以上の方のお宅でお買取りを行っております。お品物1つからご自宅まで無料で査定に伺います。まずはお気軽にお電話やメールでご相談ください。